ごあいさつGreeting

 私たち株式会社KATOは設立以来、総合建設業として、戸建て住宅からビル、マンション、そして社寺仏閣に至るまで、多くの建築物の新築、改修工事に携わって参りました。
 私たちが大切にしていることは、いま、私たちのためだけの建築ではなく、未来の子供たちのための「財産」をつくっていきたいという想いです。時代が変わっても遺るもの、次の世代にも遺せるものを創り上げるという思いで、日々業務に臨んでおります。
 さまざまな建設に携わる中で、そのひとつひとつがこの先10年、20年、あるいは100年と受け継がれていく大切な「財産」となるよう、日々精励していく所存です。
 お客様に今も未来も必要とされ続ける企業を目指し、持続可能な社会の形成に貢献して参ります。これからも変わらぬご支援とご厚情を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
代表取締役 加藤邦広

会社概要About

                                                                                                                   
社名 株式会社KATO
代表取締役 加藤邦広
専務取締役加藤将一
常務取締役宮田智成
取締役部長 佐竹龍二
本社所在地 〒197-0011
東京都福生市福生963-14
TEL 042-513-0251
FAX 042-513-0252
資本金 4,000万円
保有資格
  • 東京都知事 許可(般-3)第154848号
  • 一級建築士事務所 第64446号
  • 宅地建物取引業 東京都知事(1) 第110292号
  • 一級建築士 3名
  • 一級建築施工管理技士 4名
  • 一級土木施工管理技士 2名
  • 宅地建物取引士 2名
  • ZEHデベロッパー登録番号 ZM2023-00226-C
  • ZEHビルダー 登録番号 Z2023B-00390-C

ZEH及びZEH-M取組計画Initiative plan

弊社では、地球環境として、省エネルギーによる環境負荷低減を積極的に取り組むべき思いから、集合住宅及び戸建て住宅づくりにおいて、自然環境・周辺環境との調和への配慮を取り組んでおります。
お客様の生活と環境との調和を目指し、今後、それをさらにお客様に分かりやすくお伝えする取り組みとして、ZEH及びZEH-Mの普及に寄付して参ります。

今後さらに取り組むべき事は、共用部への高効率空調・換気機器や蓄電池の導入、また各住居に対しても環境アイテム搭載(太陽光発電・蓄電池・エネファームなど)を目指します。お客様の光熱費の削減にもなることを自負しております。

      ZEH(及びZEH-M)に関わる2030年の政策目標において、「2030年度以降新築される住宅について、ZEH基準の水準の省エネルギー性能の確保を目指す」、「2030年において新築戸建住宅の6割に太陽光発電設備が設置されることを目指す」という事を受けて、弊社としましては、ZEHの普及に向けてお客様により良い住まいを提供し、環境に配慮した集合住宅及び戸建て住宅づくりを取り組んで参りたいと思います。

ZEH-Mの普及に向けて行った取り組み内容及びその進歩状況
弊社では、政府が定めたZEH-M(ゼッチ・マンション)について、『ZEH-M』、Nearly ZEH-M、ZEH-M Ready、ZEH-M Orientedの4タイプがある中で、弊社の取り組みとして断熱性能の向上、高効率な設備・システムの導入の普及を目指していきます。
特に下記4項目に力を入れております。
・住棟の外壁や屋根、住戸の床や天井の断熱性能を従来より引き上げる
・サッシのフレームに熱を伝えにくい樹脂材(従来はアルミ)を入れ 、省エネ性の高い複層ガラスを入れる。または二重サッシにして、内窓に樹脂サッシと複層ガラスを入れる
・給湯器にエネルギー消費効率の良いエコジョーズやエコキュート、エネファーム(燃料電池)を採用する
・床暖房やエネルギー消費効率の良いエアコンを採用する
社員一丸となり、ZEH-M (ゼッチ・マンション)の普及実現に向けた取り組みに努め、より一層環境配慮型マンションの創造を通し、お客様にとってもより良い住まいを提供してまいります。

ZEH普及目標

年度 2026 2025 2024
目標(%) 75% 75% 60%

ZEH実績

年度 2023 2022 2021 2020
実績(%) 50% 50% 50% 50%

※2020年度~2026年度 戸建て住宅のデータ

お気軽にお問い合わせください!
営業時間:9:00~18:00(土日祝休み)
 メールでのお問い合わせ